母恋で同性愛者と出会う方法

TOP > レズビアンの出会い

 

どうも。ふろんたです。

 

前にこのブログでも書きましたが、幼馴染がレズです。恋愛感情がなくてもはや男友達みたいな関係なんですが、ここではユミという仮名にしておきましょうか。

 

中学校を卒業してからも連絡はずっと取り合ってたんですけど、久々に飯でもどうってことで居酒屋に行ってきました。

 

そのときの話をブログに書いていいか聞いたら、レズビアンの子たちの役に立つならぜひ!と言われたので、記憶を辿りながら書いてみようと思います。全国60万人以上いるレズビアンの皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

出会いがないと嘆いているのであれば必読ですよ♪

 

ずっと聞けなかったこと

 

仲が良いといっても若いときには聞けないことってありますよね。

 

ユミとは結構彼女のことで相談に乗ってもらったりもしてたんですが、昔から「レズビアンの人たちはどうやって知り合っているのか?」という素朴な疑問を持ちつつ、なんか気恥ずかしくてずっと聞けなかったんですよね。

 

もう30歳手前になると恥ずかしさもなくなってきてw ようやくストレートに聞けました。

 

だって普通だったら相手が自分のことを好きかどうかだけ考えればいいのに、その相手が同性愛者かどうかも気にしなきゃいけないわけで、どうやって出会ってるんだろうと思ってたんですが、ようやくわかりました。まとめていきますね。

 

レズバーに足繁く通う

 

ユミも一時期はよくレズバーに行っていたそうです。でもレズバーって東京や大阪の都市部にしかないし、もちろん母恋近くにはレズバーはありませんから、交通費や時間をかなり費やして出会いを求めていた時代もあったそうです。

 

同性愛者かどうかがすでに分かってるってのは大きいですよね。

 

でも単純に友達が欲しいレズビアンも多かったらしく、結局1年通って彼女になってくれたのは一人だけだったとのこと。

 

「完全に赤字だわw」

 

というユミの言葉が印象的ですw

 

ネット上の掲示板を使う

 

それからはネットで出会いを探すようになり、レズビアン向けの出会い掲示板を見るようになったそうです。

 

たぶんあなたも見たことがあるところです。全国版や地方版に分かれていて、母恋周辺で同性愛者を探したそうですが、まあ見つからないそうで。まあ確かに、母恋にレズビアンが10人いたとしてその掲示板を見ていて、さらにコメントまでしているなんて「砂漠の中から砂金を探すようなもの」ですもんね。

 

「必死だったの、あたしw」

 

というユミの言葉が印象的ですw

 

賢く出会い系サイトを使う

 

ここに落ち着いてから、5人の彼女を作り、現在はそこで出会った女の子と長く続いているとのこと。

 

出会い系は恥ずかしながらワタクシもハマった時期があったので、よーく知ってるんですがw 基本男性は有料、女性は無料で成り立っています。

 

「レズで良かったわw」

 

というユミの言葉が印象的ですw

 

すべての機能が女性というだけで無料で使えるし、メッセージも送れる。掲示板にも出会いを求めているレズビアンがうじゃうじゃいて、簡単にコンタクトも取れるし、相手もそんなに深刻じゃないから合わなければそれで簡単に終わるという天国のような場所だとも言ってましたね。言い過ぎじゃねと思いましたけど。

 

ということで出会い系サイトを使ってください!

 

で終わりたいところなんですが、どのサイトに登録すればいいのかも聞いてきましたのでもうちょっとお付き合いください。

 

サイトで選びで出会えるかどうかが99%決まる

 

という名言をユミ様はハイボールを飲みながら話しておられましたw

 

レズビアン専門の出会い系サイトにも登録したそうですが、そもそも人が少なすぎて出会うまでいかないことが続き、今度は一般向けの出会い系サイトに登録したものの今度はメッセージでやり取りを重ねていざ会ってみたら男だったとかw

 

6サイトぐらい登録してみたそうですが、実際に会えたのは1サイトのみ。どうやらセクマイの人たちは生物が進化するがごとく、効率よく出会うためにひとつの場所に固まる傾向があるらしくてここ数年は某サイトにレズビアンが大集結してるらしいのです。動物の危険察知能力みたいですがw

 

選ぶサイトの最低条件としては

 

  1. 女性が無料で使えるものであること
  2. 本人確認書類の提出が義務付けられていること(性別を偽れないように)
  3. レズビアン向けの掲示板が用意されていること

 

という3つを挙げてましたが、さすが経験者は違う!と唸りましたw

 

現在、レズビアンと出会うには

 

3つの条件を満たしているのはここ一択とのこと。

 

 

もうひとつユミからのアドバイスです。

 

登録したらプロフィールを設定して、ちゃんとタチ、ネコ、リバとかも書いておくこと。レズビアン専用の掲示板に書き込んでいて、かつ母恋周辺に住んでいるひとにメッセージを送って、早い段階で電話で話すこと。そうすれば100%男じゃないって確認できるから。これだけで出会えます。

 

とのことでした。途中フェムネコとかバリタチとか聞いたことない言葉が出てきて頭が混乱しましたけどw ちゃんと属性?みたいなのを明記しといたほうがいいって強く言っていた記憶があります。

 

ということでこちら。

 

 

女性は無料で使えるし、登録してみたらユミが見つかるかもしれませんよw

 

というか、そのためにブログに書いていいよって許可を出してくれたのかもしれないですね。相変わらずしたたかな女だw

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!ふろんたでした!

 

ひそかに見つめているのも悪くありませんが、そればっかりではいつまで経っても相手を彼氏・彼女にすることはできないでしょう。好みの人の愛情を掴み取りたいと言うなら、恋愛心理学を駆使しましょう。「ケンカ別れした彼氏と復縁したいがどうすればいいだろう」と昔に思いをはせるよりも、新たな巡り会いに気持ちを向けませんか。あなた自身にとってのベストパートナーとなる人は、まだ知り合っていないだけで、絶対にいるはずですから振り返らないようにしましょう。好みの人があなたを好きになってくれたら至福の喜びですけど、そう単純にいきませんから、恋愛に苦労する人がいなくならないのです。ちっとも身近なところで出会いがないと嘆いている人は、街コンや婚活パーティーなども考慮してみると有益でしょう。夫婦として成立した後から始まる恋愛も新鮮でいいのではないでしょうか。出会い系サイトなどでは、いわずもがなですが真剣な出会いをゲットするのは難事といえます。本気で恋人を作りたいと願っているのであれば、魅力的な人になって現実世界で出会いましょう。「お付き合いしたい異性がいるにはいるが、いろいろやってもお近づきになれない」というのなら、恋愛心理学を習ってみるのもひとつの方法です。離れていた二人の距離が近づくはずです。「大切な人は手近なところにいた」という事例は珍しいものではありません。出会いがないと下ばかり向かずに、あたりを念入りに観察すれば運命の人が目の前にいることに気づくかもしれません。狙いを定めている人にわざと恋愛相談をお願いするのも距離を狭める良いきっかけになります。恋人の有無なども自然に聞き出すことができること請け合いです。「気になっている人とお近づきになりたい」という願いを持つのは普通のことですが、ここぞというタイミングでは面と向かってチャレンジすることも必要不可欠です。一から十まで恋愛テクニックに頼り切ることがないよう心がけましょう。自分の運命を占ってみたら、悩みも軽くなることも無きにしも非ずなのです。仕事占いとか恋愛占いなども、状況次第では頼りにしてみると良いのではないでしょうか。的中率が高い占いで恋愛関係のことを占ってみたら、必ずや戸惑いが一掃されるはずです。ご自身だけで悩みを抱え込むよりも思い切って話してみましょう。まじめに真剣な出会いを切望しているなら、婚活パーティーに顔を出すのも良いでしょう。一生を共にする相手を熱心に探そうとしている人たちの出会いを援助してくれる場だからおあつらえ向きです。先のことを考えて真剣な出会いをゲットしたいのなら、どのような雰囲気の異性と遭遇したいのかをじっくり考えましょう。それを踏まえて、想像した異性がいると予測される場所に出掛けて行ってみることが肝要です。恋愛心理学を応用するのはこすい行為ではないです。「ありのままの自身を愛してもらうための大事なファーストステップ」と把握した方が良いのではないでしょうか?恋愛に関しましては、あなた自身がどんな性格の人であるかという内面も見逃せないポイントとなります。出会いに向けて多岐に亘ることを学習して、あなた自身を磨くことが大切です。

 

ブログ情報

幼馴染のレズ・ユミから聞いた母恋の同性愛者と出会い、彼女にする方法をブログにしました。もしあなたが出会いでお困りであればこの方法を使ってもらえれば簡単に彼女を作ることができます。ぜひ読んでみてください。

 

タグ

page top